歩いて、読む。

日々の雑感。ときどき、ちょっと文学。

鳥取のポケモン

 この週末に鳥取砂丘で「ポケモンGo」関連の大きなイベントがあり、県外から多くの来客があった模様です。鳥取駅から砂丘へ向かうバスは最大3時間待ちであったとか、鳥取市内の宿泊施設が満室であったため、隣の倉吉市の宿泊施設も多くの来客があったなど、盛況であったようです。

 ポケモンといえば、今年の夏に東北を訪ねた折、駅舎を中心によく目にしました。このたびの鳥取のイベントはゲームソフトがなければポケモンとは出会えないそうなので、ソフトを所有しない私は、混雑を避けて家に篭って冬支度をしていました。東北の町でポケモンの絵を見つけると、不思議と元気になったような気がします。震災からの復興を応援しているのだと、鳥取に帰ってから知りました。スマホの画面で出会うポケモン鳥取の魅力を伝えてくれたのでしょうか。

 鳥取を訪れるた人たちは、鳥取の何と出会い、どんな印象を持ったのでしょうか。スマホの画面しか見ていなかった、というのではあまりにも残念です。