歩いて、読む。

日々の雑感。ときどき、ちょっと文学。

読みたいと思う本出会わなくなって

 面白いものはないかと、書店に出かけるのですが、私の興味を引くものがあまりありません。以前は書店に行くたびに数冊は雑誌も買っていましたが、現在は心をひかれる内容のものがありません。新書も目次を見ただけで内容が分かってしまうようなものや、消費するだけの知識としか思われないものが多く、購入するまでにはいたらないことが多くなりました。小説も、純文学、娯楽文学、ライトノベルの境界がだんだん曖昧になっていくようで、現代という時代を写す内容ではあるけれども、普遍性を見出だしにくいものが本棚を占めている印象を受けます。

 出版業界も利益をあげなくてはならず、戦略的に売れる本を作っているのでしょう。雑誌などは特にそういうものなのだと思います。以前は、『解釈と鑑賞』、『国文学』など、定期購読していました。これらの雑誌を読み、全く勉強していない自分を突きつけられ続けたものです。

 売れる本しか作れないという事情を感じないではいられません。新書本は、以前は購入して読んだら、本棚に収めるのが当然でした。しかし、今は、読んでしまったら捨ててしまっても惜しくないものが多く、実際に捨ててしまいます。だから、買わないことも多くなりました。小説もしかり。

 それで、結局は古典文学作品を読むことになってしまいます。現代の知や文学がどのように評価されるのでしょうか。