歩いて、読む。

日々の雑感。ときどき、ちょっと文学。

センター試験と寒波

 今週末にセンター試験が行われます。本年度はカレンダー的に最も早い日付での実施です。鳥取では、不思議なことにセンター試験に合わせるかのように寒波に襲われることが多く、このたびもそういうことになりそうです。

 センター試験の日は、受験生が試験開始時間に遅れないように、道路の除雪には万全の態勢がとられます。鉄道の場合、積雪以上に凍結が心配されます。線路のポイントが凍結してしまい運行に支障をきたす場合があるからです。また、かなり以前には倒木が線路を塞いでしまったこともありました。

 このように寒波の影響で何が起こるか分からないため、センター試験当日の朝は気が気ではありません。ですから、受験会場で生徒の姿を見かけるとそれだけでホッとします。

 どうか、全国で寒波による影響がありませんように。こればかりはただ、ただ、祈るほかありません。